梅醤油のはじまり

当蔵の所在する会津坂下町の隣町、会津美里町の高田地域で作られているのが「会津高田梅」です。

6月にもなると、会津のスーパーでは高田梅が売り場に並び、各家庭で梅を漬け込む「梅仕事」が始まります。高田梅は種が小さく実が厚いのが特徴で、ゴルフボールほどの大きさがあります。また、日本一大きい梅としても知られ、その大きさと品質の良さから「青いダイヤ」とも呼ばれております。

梅醤油を開発するにあたり、梅酢を使用して梅の香りと酸味の効いた醤油をイメージしていたので、高田梅の梅酢を探し始めました。しかし、高田梅は青梅を家庭で漬け込むのが一般的で、その梅酢はなかなか市場に出回っておらず、会津美里町でも梅漬けは販売していても、梅酢を販売しているところが無いということで、自分たちで漬けることも検討し始めました。

高田梅酢との出会い

そんな時に、囲炉裏焼きの田楽みそが有名な会津若松市の「満田屋」様が、自社で漬け込んだ高田梅の梅漬けに加え、その際に採れる梅酢も販売していると知り、急いで店舗まで買いに行きました。

梅醤油の試作の際に、全国各地の梅酢を飲み比べてみましたが、高田梅酢が香り、味ともに一番美味しかったので、再度満田屋様のもとへ伺い、今回のプロジェクトの概要を説明した上で、「この高田梅酢を使用して、梅醤油を造らせて頂けないか」とお伝えたところ、快く高田梅酢をご提供して頂けることになりました。

梅醤油の楽しみ方

この「高田梅酢の梅醤油」は、木桶で仕込んだ醤油にかつおだしをブレンドし、そこに高田梅酢を加えた出汁醤油となっております。

かけ醤油として、お刺身や冷や奴、おひたし等々、梅の酸味でさっぱりとお召し上がり頂ける他、とんかつやアジフライなどの揚げ物にかけるのもおススメです。また、あたたかいご飯の上に、かつおぶしと生卵をのせて梅醤油をかけると、梅の香りがひろがる「梅おかかたまごかけご飯」もお試しになってみてください。

会津の特産品「会津高田梅」の梅酢を使用した梅醤油、是非ともご賞味くださいませ。